縮毛矯正 Q&A

毛髪顕微鏡写真 回答: ビューティークリニック アーティスト S.Uchino

Q1.最近いろんな縮毛矯正がありますが、どんな違うんですか?
A1.今ある縮毛矯正は基本的にはほとんど同じです、パーマ液の酸化還元を利用した物です。(添加剤の違い、薬品の強弱の違いはありますが)何か特別のように宣伝したりしていますが薬品に大きな差は無いと思って構いません、もちろんMr.ハビットにしても同じです、では何が違い料金に反映しているのでしょうか、それはMr.ハビットはシステムの差が最も違います。10種類を越える薬品を使いどんな強い癖毛にもどんなに痛んだ髪にも対応できる薬品とシステムが備えられているのです、それに完全に毛髪科学を学んだサロンにしか技術が出来ない認定方式です。またこれは他の技術でも言えますが最も大切なのは同じメーカーの縮毛矯正でもサロンによりかなりの知識,技術の差があるという事実です。基本的に同じなら、どの縮毛矯正にしようか悩むよりどのサロンが良いかしっかり判断してください
Q2. 施術からどれくらいの期間、状態を保てるのですか?
A2. 一度施術した部分の髪の毛は、ほぼ半永久的といって良いほどに真っすぐのままです。しかし、新しく生えてくる髪の毛に関しては、ご自分の癖毛が生えてきます。通常、髪は平均して1ヶ月におよそ1cm伸びます。この生えてきた癖毛を気になりはじめた時期が次の施術の時です。癖の強さや、髪の長さなどによって、気になり方も人それぞれで個人差が大きいようです。ショートヘアの癖の強い方で2ヶ月周期で施術される方もいらっしゃいますし、半年以上経っても全然気にならないと言う方もいらっしゃいます。平均すると4ヶ月から半年で施術される方が多い様です。
Q3. 髪にダメージはないのですか?
A3. 「まったく髪を痛めないパーマ」と宣伝しているものがありますが、現在の技術では毛髪科学上、薬品を用いて毛髪の形状に変化を与えている以上、まったくダメージがないとは言う事はありえません、もしダメージという言葉を髪のツヤや感触が悪くなると言う意味ならば、施術後の方が逆にツヤ、サラになったと言えます。。もう一つの原因として考えられる事は、縮毛矯正を施術するにあたって、毛髪診断や適正薬液の選定ミス及び、技術不足による場合です。縮毛矯正は高度な知識と技術を必要としますので、技術レベルに左右される事は言うまでもありません。
Q4. 他の縮毛矯正で、髪が痛んでいるのですが、Mr.ハビットで綺麗になりますか?
A4. 他の縮毛矯正技術では、薬液に強いアルカリ剤を使用しているものもありますし又、ストレートアイロンでも150度以上の高温になると、タンパク変性を起こす場合があります。この様な部分は完璧な修正は難しい場合もありますが、ほとんどの場合はまったく問題ありません。又、この様なダメージ部分にも適正な薬液を使用しておりますし、技術面においても毛髪への負担を最小限に抑えることのできる技法がありますのでご安心下さい。
Q5.縮毛矯正施術後ヘアカラーをしても大丈夫ですか?
A5. 基本的には大丈夫ですが、一般的なブリーチやヘアダイの強いアルカリが原因で、癖の戻りを起こす場合があります。毛髪のダメージを考慮しても、あまりお薦めで出来ません。髪風船では、癖の戻りを起こさないで、毛髪のダメージを最小限に抑え、返ってツヤ、サラに施術できる人気メニュー「OX-ソフライト」、がございますので、こちらをお勧めします。
Q6. 施術後パーマはかけられるのですか?
A6. 普通のパーマの場合は縮毛矯正とは非常に相性が悪いのです、結果として癖が強い方でしたら、癖の戻りが来て、ボワボワになる場合があります、傷みのひどい方はウエーブとして形成できずにただ矯正が取れた状態でチリチリになったりという事が従来のパーマです、そこで登場したのが、最も新しい形状記憶パーマ、「ソリッドカール」です、これは縮毛矯正の理論を応用したパーマで矯正用のパーマとしては最適です、ぜひこちらでお試しください、詳しくはメニューコーナーに記載しています
Q7. シャンプーは施術後、何日おいてからすればいいのですか?
A7. すぐに大丈夫です。ストレートパーマや他の縮毛矯正技術では、薬液の反応が完全に終了していないために「何日おいてからシャンプーしてください」と言われる場合もありますが当店の縮毛矯正は施術終了と同時に薬液反応が完了しますので、すぐにシャンプーしても、くせが戻る心配はありません。
Q8. どんなシャンプー、リンスを使えばいいのですか?
A8. 一般に市販されているシャンプーで癖の戻りの心配はありませんが、癖毛改善を謳った製品の使用は避けて下さい。配合成分にパーマ成分を含むものが多く、この影響で癖が戻る場合があります。コーティング効果などを長持ちさせる為には、洗浄力の強いものはお避け下さい。髪風船では、Mr.ハビット施術後のアフターケアの為に専用のシャンプー、トリートメントを取り揃えています。郵送システム(ネットショップ)もございますので、是非ご利用下さい。
Q9. 地肌へのトラブルはありませんか?
A9. 縮毛矯正に使用する第1剤は通常のパーマで使用する薬液と同じ程度のアルカリ性です。アルカリによる炎症には接触性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の2種類があり、前者は薬液を地肌から離す事で解決します。又、後者はアルカリアレルギーと言う特殊な体質の方です。この場合には炎症を起こす事があります。パーマをかけた時に、症状が現れた経験のある場合には施術は控えたほうが良いと思います。パーマをかけても大丈夫だった方にはまったく心配ありません。いずれにしても、地肌にトラブルがある場合、皮膚が弱いなど気になることは必ず事前に申し出てください。
Q10. 妊娠中でも縮毛矯正は施術出来ますか?
A10. 施術には問題ありません。しかし妊娠中は地肌が非常に敏感になる方や薬液の臭いに敏感になる方もいらっしゃい ますし、長時間椅子にかけていますので 、体力的に調子の良い時に施術することをお勧めします。
Q11. ストレートパーマや縮毛矯正で毛が切れると聞いたことがありますが?
A11. ストレートパーマや他の縮毛矯正技術では第一剤を毛髪に塗布する際、薬液が垂れて地肌についてしまっているにもかかわらず、長時間にわたって薬液反応をさせることが原因で、折れ毛や断毛を引き起こす場合があります。この様なトラブルを避けるためにも当店の縮毛矯正においては、毛髪に縮毛矯正第1剤を塗布する際、地肌には絶対につくことがないよう、特に注意をはらっておりますので、毛髪が切れたり抜けたりする心配はありません。

毛髪顕微鏡写真

お問合せ・無料お悩み相談

TEL: 095-825-6679 E-mail: post@kamifu-sen.com

E-mail: post@kamifu-sen.com

Member's Area

サロン情報

sub-salon-information.jpg

メディア紹介

ヘアケアアドバイザー
ファッション誌ヴォーグ

VOGUE

VOGUE  ヘアケア記載記事内容↑
ヘアに関する『25のQ&A』に
回答者として参加

ELLEヘアケアTips

ELLE

ELLE onlineヘアケア記事依頼!
記載させてもらいました

全国誌『トリニティー』

トリニティー

髪風船記載されました

トピックス

シャンプーの正しい選び方

髪がわかる動画集

化粧品原料辞典

ページのトップに戻る