「VOGUE Nippon」に記事出稿

ボーグL

(1)毎日使う、シャンプー選び。石けん系、アミノ酸系......いろいろありますが、 何を基準にどう選べばいい?

髪の状態で選ぶというのが正解でしょう、シャンプー選びはそのシャンプーの洗浄基材でほとんど決まります。髪が傷んでないなどの場合ほとんどの製品は大丈夫 です、感触、香り等 好みで選んでください、問題は髪が傷んでいるなど、補修を考えている方は、やはりアミノ酸系、たんぱく質系、または両性界面活性剤な ど、マイルドな洗浄基材を選択してください。
それにペリセアなど高機能補修成分の配合されているものでしたら、短時間での補修効果が期待できますので選択基準に入れてください。

(2)とにかく、髪と頭皮が乾燥し、つやもありません。どうしたらいいでしょうか? 何かいいケア法は?

シャンプーはアミノ酸系などのシットリタイプを選ぶようにしてください、それに、アウトバストリートメント)により毛先の保湿を心がけてください、髪は対応し やすいのですが、問題は頭皮です、頭皮に、トリートメント類を使う事はあまり好ましくありません、ヘッドスパ用のウォーターリングローションなどはオスス メです。リピジュア配合(保湿剤)の頭皮を潤すタイプを選択すると良いと思います。ネット検索でセルフヘッドスパなどの用語で調べると、販売しているとこ ろも見つけられますよ

(3)頭皮マッサージのためにいい製品、自宅でできる簡単なヘッドマッサージ法を知りたいのですが。

頭皮環境の正常化は、まずは毛穴の角栓を除去する事から始めます。この角栓は、皮脂分泌物、などの酸化により毛穴にたまり固まった物で、通常のシャンプーでは落ちにくい物です、フロートクレンジングなど、専用の製品の使用をお勧めします
●セルフマニュピレーションの簡単な方法を紹介します、
1、手のひらで頭をはさむようにして、ゆっくり回転させながら上へ引き上げる、
左右前後、これを数回繰り返す「リフトUP効果」
2、こめかみのうえ1センチ辺りのくぼみ部分を親指で円を描くように押し上げていきます、「リラックス効果」
3、親指で首の後ろ、ボンのクボの指圧、気持ちいいと思えるところを両親指で押します

(4)すごいくせ毛で、しかも広がりやすい髪。どうしたらまとまりやすくなりますか?

癖毛の場合乾燥する事で髪が硬くなり癖も強く出てきます、また同時に静電気もおきやすく、広がりの原因のなります、まずは、保湿を心がけてください、シャン プー、トリートメントはしっとりタイプ、洗い流さないトリートメントも付ける様にして下さい。脂質成分といわれるもの、また、シアバターなどの天然油成 分、これらをしっかり付けて、しなやかさ、保湿を保ってください。こうする事で、まとまりのあるしなやかさを保てます。

ヘアケア アドバイス

(5)はり、こしのないねこっ毛です。どうしたら、ふわっと、ビリューム感のあるヘアにみせられますか。

ハリコシタイプのシャンプーを選択してください、アミノ酸系のシャンプーなどでしら、リンスは必要ないかも?トリートメントなども毛先のみに使うようにして ください。長さにもよりますが、表面のレイヤーカットは必須です、その上でパーマなども検討ください。さらに普段スタイリングではマジックカーラーを使っ てください、トップなど毛束を垂直以上に起こしマジックカーラーをベース上に置きますその要領で数個巻いてください、それを1個に付き5~10秒ドライ ヤーの熱を入れます、冷えたら、はずしてください、確実にふんわりボリュームが付きます。

(6)ヘナ染めって、普通のカラーより、髪のためにはいいんですか?

へナは髪を傷める事はありません、カラーによる傷みは、そのブリーチによるところが大きいです(脱色により明るくする行為です)たとえ暗くする場合でも、同 時にブリーチがなされていると考えてください。髪が持つメラニン色素を破壊しながら、色を着けていているという事ですね、それに対して、へナをはじめとす る、色素染着型のカラー剤は髪に負担をかける事無く、色を付ける事ができます、ただし、明るくすることはできません

(7)ヘアケアやスタイリング剤に入っているシリコン。髪や地肌に与える影響はないのですか?

シリコーンに関しましては巷にはいろんな意見が出ていますが、それ自体は、悪ではありません、またその影響も神経質に捕らえる事もありません、優秀な保護感 触良化剤ではありますが、髪の補修剤(修復)とはなり得ません使い続けて、髪質を好転させていくものではないという事です。逆にその保護力感触の良さは、 なかなか、これ以上の物もありません、ひどく傷んだ毛先などには、少量使うと効果は高い物です、

(8)スタイリング剤を使ってる場合、髪にもディープクレンジングって必要?

ほとんどの場合普通のシャンプーで十分落ちます。必要以上のディープクレンジング剤は髪を傷める原因です、できるだけマイルドなシャンプーで、2度洗いなどで対応しましょう。

(9)部分的に、髪の生え方って違う気がします。前髪は早くのびたりと、髪のび方も違うよう。どうしてですか?

髪の伸び方は、個人差もありますし、季節的にも違います。場所的にも若干の違いは認められます、でもほとんどが、髪の太さによる量であったり、前髪など、気になるため、そのように感じるというのが、本当のところです。

(10)髪にいいヘアケアの配合成分ってなんですか。

擬似補修成分といわれる物です。髪の毛は主にケラチンたんぱく質、CMC脂質と呼ばれるキューティクルから細胞間に存在する脂質、それに水分です。髪のダ メージというのは、それらの破壊流失を言います。ですから、その状況にあった成分を補給することが大事です、主には、ケラチン、コラーゲン、シルクなどの たんぱく質、さらに小さなアミノ酸、またキューティクル補修にはCMC脂質、ペリセア、リピジュア、18MEA、天然油脂成分など有効です。

(11)そもそも、髪って毎日洗った方がいい?

地肌も、髪も清潔にしていたほうが良いと思います、健全な頭皮環境を作ることが育毛にも効果的です。できるだけマイルドなシャンプー剤で毎日シャンプーすることをお勧めします。脱脂力の強いシャンプーなどは逆効果ですので、シャンプー選びは大事ですね。

(12)二度洗いがいい? 一度で十分? 正しいシャンプー法を知りたいです。

ほとんどの場合は1度洗いで十分です、脂性タイプ、またスタイリング剤など付いている場合は、2度洗いも必要です。まずはしっかり、十分に水洗して下さい、 これで、60~70%の汚れは落ちます。ここが大事です、そうすると、あとのシャンプーの泡立ちも良くなってきます。特に最近は補修効果の高いシャンプー 剤も多くあります、この場合は泡パック(泡を立てた状態で3~5分くらい放置)して、補修成分を浸透させることも有効です。もちろん、シャンプー剤は地肌 を中心にしっかり流してください。

(13)シャンプー剤って、いきなり髪につけても大丈夫? 洗顔みたいに、泡立ててから全体にのばす必要はないの?

直接、手のひらに取ったシャンプー剤原液を地肌の方にペチャっと付けないでください。軽く手のひらに伸ばし髪の中間部位から付けてください。そこで泡立てながら地肌を中心に洗ってください。シャンプーは地肌をしっかり洗う、トリートメントは毛先に、が基本です。

(14)洗髪は、顔を洗う前に済ませた方がいいのかしら。バスタイム時の正しい洗髪の順番て、ある?

これは、正しい順番というのはないと思います、まずは、化粧落とし、などクレンジングは先にするでしょう、その後シャンプー、当然その時点でトリートメントなどがお顔に付くでしょうから、最後に洗顔が良くはないでしょうか。

(15)髪のためにいい、ドライヤーの掛け方って、あるんでしょうか。

シャンプー後、ドライヤーの強風で髪の中に風を入れるように、一気に乾かして行ってください、できるだけパワーのあるドライヤーが理想です、風が弱いと髪に熱がこもりやすくなり、すごく髪が熱くなったりしてきます。上から下、根元から毛先にと、
毛 流れに沿って、乾かすようにしてください、キューティクルを揃える事ができます、乾いてきましたら、パワーダウンした状態(弱温風)でしっかり仕上げてく ださい。最後は、冷風でクーリングしてください。スタイリングも、これで持ちが良くなりますし、キューティクルもしまり、艶ツヤの髪になれますよ。

(16)ブラッシングって、本当は髪にいい? 悪い?いいブラシの選び方は?

丁寧なブラッシングは、髪には大事な、キューティクルケアです、逆に乱暴なブラッシング、静電気などは髪の大敵です。ブラッシングは頭皮から出てくる皮脂を 毛先に送り潤い効果を持たせます、また、キューティクルを整え、ツヤ出し効果が望めます。まずは毛先から、もつれをほぐすように丁寧にとかしてください。 毛先など乾燥が激しい時は、ヘアークリームなど少量つけてブラシを入れましょう。材質も猪毛、木製など、天然材は髪に非常になじみも良いし、静電気もおき 難いです、また、金属製の磁気ブラシなども静電気をなくしますので、お勧めです、

(17)パーマやカラリングをした日は、夜、家で髪を洗わない方がいい?

パーマもカラーも酸化という化学変化を利用します、特にパーマの場合、美容室での工程のみで100%酸化しない状況もあると言われています、その為、その後、 空気酸化を利用して、完全酸化処理を終了させるという考え方です。その時間が24時間~48時間というわけです。パーマのかかりに対する保証の事もありま すし、
その条件はお店でも違います。パーマをかけた時は、そのお店で確認したほうが良いと思いますよ。

お問合せ・無料お悩み相談

TEL: 095-825-6679 E-mail: post@kamifu-sen.com

E-mail: post@kamifu-sen.com

Member's Area

サロン情報

sub-salon-information.jpg

メディア紹介

ヘアケアアドバイザー
ファッション誌ヴォーグ

VOGUE

VOGUE  ヘアケア記載記事内容↑
ヘアに関する『25のQ&A』に
回答者として参加

ELLEヘアケアTips

ELLE

ELLE onlineヘアケア記事依頼!
記載させてもらいました

全国誌『トリニティー』

トリニティー

髪風船記載されました

トピックス

シャンプーの正しい選び方

髪がわかる動画集

化粧品原料辞典

ページのトップに戻る