KAMIFUSEN BLOG

髪風船の本音で話そう!

CONTACT

お問合せ・無料お悩み相談

SALON INFORMATION

最高の技術でお客様の
ご希望に幅広く対応します。

MEDIA COVERAGE

メディア紹介

ファッション誌『VOGUE』

ファッション誌『VOGUE』

ヘアに関する『25のQ&A』に
ヘアケアアドバイザーとして参加
記事を見る >

ELLEヘアケアTips

ELLEヘアケアTips

ELLE onlineヘアケア記事依頼!
記載させてもらいました

全国紙『トリニティー』

全国紙『トリニティー』

髪風船記載されました

ヘアカラー
2013.11.22 14:23
髪の傷み!パーマとカラーどちらが傷む?

uchinoFrom:内野

あなたの周りに、ヘアカラーで髪を傷めている方いらっしゃいませんか?もしいたら、次の事を教えてください。

美容技術の中で、薬品を使って施術する作業としては、
代表的なパーマ(ストレートパーマ)とヘアカラーが有ります、

あなたは、
パーマとカラーどちらが髪は傷むと思いますか?


パーマの工程は
1液といわれる還元剤で髪の結合を切ります、それをスタイリングにあわせてロッドに巻き、2液酸化剤で結合しなおす。(元の髪に戻る)
100%再結合できない分、髪にダメージは残りますが。適切な作業をすれば、さほど傷む事無く出来るのがパーマです。

ヘアカラーによる傷みはいかがでしょうか?
通常の1剤2剤を使った明るくするヘアカラーを考えて見ましょう。(ブリーチを伴うと言う事です)白髪染めも地髪はブリーチは起きていますので同じ考え方。この場合、髪のメラニン色素をブリーチしながら色素を入れるという理屈になっていますが。まさにメラニン色素タンパク質を破壊すると言う行為、ヘアカラーは破壊しっぱなしで。1回明るくしたところは永久に明るいままです。

誰(優秀な美容師)が気をつけて作業しようとも、、、

その明るさ(ブリーチ)に比例して髪はダメージします。カラーで傷めないようにするのは不必要な明るさを求めない事に尽きます。

※暗めの白髪染でも中はブリーチが効いている事をしっかり理解してください。
『私ブリーチはしていない』なんてこと言わないでね。

例えば、
プリン状態になっている髪の根元を明るくしたいからと言って、市販泡カラーで毛先まで全体染めるなんて事は最悪。毛先は回数を重ねるごとにブリーチは進行します。

おしゃれの為なら明るくする事も仕方ないでしょう、白髪染めも仕方ありません。根元を明るくするのに必要なブリーチも仕方ないが、毛先が退色していて色を入れたいならブリーチを起さない方法、または起きないカラー剤を使う(カラートリートメントなど)


オッと、長くなってきましたが、


結論:
パーマよりブリーチを伴うカラーの方が髪は傷むと言う事。

縮毛矯正等でビビリが出来たなどの多くはベースにヘアカラーしていて髪の強度が落ちている時に失敗されやすくなります。是非上記の事を理解して頂き、不必要に髪の強度を落とさない事が予防美容の考え方です。

P.S.
傷みにくい基本的な知識を持ってもらう事と、ご自分でも、アフター処理は充分する事が大事、悪い状況にある髪は簡単に傷みを進行させると言うことです。
何をすればよいかはブログ読者なら充分ご理解いただいていると思います。

P.P.S.
もし、傷みにくいヘアカラーを知りたい方は、以下の記事が参考になると思います

(傷みにくい、ツヤピカのセルフカラーテクニック)

つやつやのヘアカラー

長崎県長崎市 縮毛矯正専門店 Copyright © 美容室 髪風船 All Rights Reserved