KAMIFUSEN BLOG

髪風船の本音で話そう!

CONTACT

お問合せ・無料お悩み相談

SALON INFORMATION

最高の技術でお客様の
ご希望に幅広く対応します。

MEDIA COVERAGE

メディア紹介

ファッション誌『VOGUE』

ファッション誌『VOGUE』

ヘアに関する『25のQ&A』に
ヘアケアアドバイザーとして参加
記事を見る >

ELLEヘアケアTips

ELLEヘアケアTips

ELLE onlineヘアケア記事依頼!
記載させてもらいました

全国紙『トリニティー』

全国紙『トリニティー』

髪風船記載されました

From:内野

髪の傷みの元凶は、白髪染
どうすれば傷みが少ないヘアカラーが出来るのか?

ここが理解できれば髪の傷みは半分に出来ます(断言)
例え、縮毛矯正しても、それほどひどい傷み失敗は起こらないはずです。
一般の方、また美容師は多分それほど気になっていないかもしれません。

しかし、髪風船には、毎日何人も縮毛矯正でひどい失敗をした、パーマかけてチリチリになったなどの失敗相談が後を絶ちません。
いやいやオーバーに言っていませんよ。髪風船のブログ、ホームページ読んでもらっている方はご理解いただいていると思いますが、まさに全国には沢山の悲鳴が聞こえます。

それらの相談を聞いていて、ハッキリわかる事は、
かなりの割合で、ベースに白髪染がなされています。もし、あなたも髪の傷みで悩んでいるとするなら、いかがですか?
ヘアカラーしていませんか?多分、相当の割合でカラーしていると思います。

これは決してセルフカラーをしているからという事ではありません。美容室でヘアカラーしていても同じ事です。そこまで考えてヘアカラーの薬品調合している美容師はわずかです(誤解しないでください僅かですが、しっかり考えたヘアカラーしている美容師もいます)私もたまにヘアカラーに美容室に行きますが、「えっ、これで終わり?」みたいな流れです。
もちろん、セルフで泡カラーなんてやっていたら、傷む事確実です。

では、髪風船の訪れる相談者のデーターをお見せしましょう

データー上も40代から上が20台30台の倍ほど急激に上がります。まさに白髪染世代です。もちろん相談者の方もほとんどベースに白髪染をしています。
今日の所はヘアカラーがハイダメージの最も大きな元凶ですと言う事を、ご理解いただければと思います。

次の機会に、どうして白髪染は髪が傷んでいくのか、どうすれば極力傷まないようにできるのかを書いていきます。
多分、白髪染をしだすと、何年も続ける必要があると思いますので、この知識が有るのと無いのでは、あなたの髪の状態が大きく違ってきます。
今、傷んでいる人も1年後を目指して髪を綺麗にしていきましょう。

次の記事をお待ちくださいね。

P.S.
正しいヘアカラーをしたい方へプレゼント!

https://kf-shop.ocnk.net/phone/page/64

長崎県長崎市 縮毛矯正専門店 Copyright © 美容室 髪風船 All Rights Reserved